WS5220DN

WS5220DNの筐体のみ入手。DDR4で8GBのようです。

早速電源をいれると「booting System・・・」で先に進まない。

しょうがないので、windows storage server 2012をいれてみる。

無事インストール完了したがNICのドライバーが不足していたので、USB経由で追加インストールした。リモートデスクトップで接続もできた。

結論:

普通のNASとしては機能するが、テラステーションとして復旧は不可能でした。そもそもフロントLCDが連動されない。恐らく付属の復旧USBが必要でそのwindows storage server2016はバッファローのアプリがインストールされたものだと思われる。OSバージョンもちがったのでライセンス認証の突破も無理でした。同型の正常な筐体があればいろいろと検証できるのだが持っていないのでこれにて終了。

テラステーションにssd

128GBのSSDをスロット2へ挿入し、フォーマットする。

電源停止して、スロット1のHDDを抜く。

電源起動し、ssdでシステム起動できたが、ファンの回転が速いままの状態。

システム起動が特にはやくもない。

サーバ変更

エプソンNP12Vから、Lenovo ThinkCentre M600へ変更しました。

メモリのDDR2 2GからDDR3 4Gになりました。

ファンの部分のホコリがすごかったのと、プラスチックパーツが硬貨していました。

結論として、NP12Vは約6年Linuxサーバとして問題なく稼働しました。