テラステーション TS3410

TS3410の筐体のみを入手しました。このモデルから筐体内にリカバリデータが内臓されているためHDDを挿入しただけで復旧ができる。

2000GBのHDDを4台装着し、ディスクフォーマットが完了しました。

本モデルからRAIDアクセラレータというものが搭載されたようで、RAID5にしてみました。その後の同期処理が一瞬で終わったのはRAIDアクセラレータのおかげでしょうか。

ちなみにTS5400Dの同期処理は、約1017分かかります。約16時間。

ダッシュボードも表示され、全体の状態が一目でわかるようになりました。

RAID5以上の同期処理が相当早いのか仕様が変わったのかわかりませんが、TS5410、TS3410シリーズはかなり良くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください