バッファロー TS-RVHのsambaバージョン

root@TS-RVHL3B2:~# smbd -V
Version 3.6.3-31a.osstech
root@TS-RVHL3B2:~#

Windows10はアップデートにより、smb1は以下の手順により接続が可能です。

1.[スタート]-[Windows システム ツール]-[コントロール パネル] の順にクリックする。

2.[プログラム]-[プログラムと機能] の順にクリックする。

3.[Windows の機能の有効化または無効化] をクリックする。

4.「SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート」の「SMB 1.0/CIFS クライアント」のチェックを有効にする。

5.[OK]をクリックする。

6.[今すぐ再起動]をクリックする。

基本NAS側で対応するのが、スマートなので、TS-RVHで、スクリプトを編集する。ssh接続が必要です。

vi /etc/rc.d/init.d/smb.sh

    ## configure files from Buffalo parameters.
    echo "configure samba"

    # for active directory logon
    if [ "$domain" == "ad" ] ; then
            /usr/local/bin/create_krbconf.sh ${pdc} ${ad_dns}
            /etc/init.d/sethostname.sh
    fi

    if [ "${smb2}" = "" ] ; then
            ## smb2 default on
            echo "smb2=on" >> /etc/melco/info
    fi

    touch /etc/printcap
    /usr/local/sbin/nas_configgen -c samba
    if [ $? -ne 0 ]; then
            echo "$0 configure fail"
            exit 1
        /bin/sed -i '3i\\
    min protocol = SMB2\\
    max protocol = SMB2\\
        ' /etc/samba/smb.conf
    fi
}

スクリプト実行により以下の状態になる。

[global]
    dos charset = CP932

        min protocol = SMB2
        max protocol = SMB2

    unix charset = UTF-8
    display charset = UTF-8

これでsmb2接続が可能になりました。なぜmax protocolのパラメタがデフォルトでないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください