remote access card KVM connection failed

作業PCで、「3DES_EDE_CBC」を削除。

【場所】
C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_171\lib\security\java.security
# jdk.tls.disabledAlgorithms=MD5, SSLv3, DSA, RSA keySize < 2048
jdk.tls.disabledAlgorithms=SSLv3, RC4, MD5withRSA, DH keySize < 1024, \
EC keySize < 224, DES40_CBC, RC4_40, 3DES_EDE_CBC

LS-QVLを復旧させました。

・作業PCのipアドレスを192.168.11.1/255.255.255.0にする。
・uImage.imgとinitrd.imgを拡張子をzipに変更し解凍する。
・uImage-lsp.5.x.buffaloをuImage.buffaloリネームする。
・ファイル構成は以下となる。

hddrootfs.img
initrd.buffalo
initrd.img
linkstation_version.ini
LSUpdater.exe
LSUpdater.ini
u-boot.img
uImage.buffalo
uImage.img
  • LSUpdater.iniを以下のように編集する。
[Flags]
VersionCheck = 0
NoFormatting = 0
[SpecialFlags]
Debug = 1

・LS-QVLの電源ON
・作業PCでtftpdを起動しLS-QVLのファーム格納ディレクトリ設定をする。
・LS-QVLのファンクションボタンを押す。
・EMモードになるので作業PCのIPをLS-QVLと同じセグメントにしてファームを更新する。

リンクステーションシリーズまとめ

LS-WHGL/R1・15MB/s
TS-HTGL/R5・33MB/s
LS-CHL・・・・・・38MB/s
LS-WXL/R1.・・40MB/s
LS-WSXL/R1・40MB/s
LS210DC ・・・・58MB/s
LS-XHL・・・・・・66MB/s
TS-WXL/R1・・66MB/s
LS-QV-L/R5・72MB/s
LS-WVL/R1・・72MB/s
LS-VL・・・・・・・76MB/s
LS410DC ・・・100MB/s
LS-CHL       88F6281 600MHz DDR2 64MB
LS-WXL/AVL   88F6281 600MHz DDR2 128MB
LS-XHL       88F6281 1.2GHz DDR2 256MB
LS-VL/WV/QVL 88F6282 1.6GHz DDR3 256MB
LS410/420/421 88F6707 1.2GHz DDR3 512MB
LS400はARMv7l、それ以外はARMv5te。

FreeNAS ディスク総入れ替え

1TB×3のRaid-Zの容量が80%を超えてしまったため、ディスク交換する。
Raid-Zの仕様で全容量を使い切るとデータ削除もできなくなるからです。

  • 全ディスクをデタッチ。
  • OSはUSBなのでシステムは起動状態。

シャットダウン。

1TB×3から2TB×4の構成変更です。信頼のHGSTを選択。

  • 今回もRAID-Z1で構成。

TS-XHL のスペック

TS-XHLを入手。

WEBコンソールのパスワードが不明であったため、リセットボタンを押して復旧。
ssh接続設定をしてスペック確認。TS-X、TS-XHL、TS-WXLは特にこのLCDが映らなくなる不具合が多い。ちなみに個人情報がたくさん入っていました。

root@TS-XHL78F:~# cat /proc/cpuinfo
Processor : Feroceon rev 0 (v5l)
BogoMIPS : 799.53
Features : swp half thumb fastmult vfp edsp
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 5TE
CPU variant : 0x1
CPU part : 0x926
CPU revision : 0
Hardware : Feroceon-MV78XX0
Revision : 0000
Serial : 0000000000000000
root@TS-XHL78F:~# cat /proc/meminfo
MemTotal: 514400 kB
MemFree: 366864 kB
Buffers: 1036 kB
Cached: 80544 kB
SwapCached: 0 kB
Active: 76360 kB
Inactive: 46988 kB
Active(anon): 41996 kB
Inactive(anon): 0 kB
Active(file): 34364 kB
Inactive(file): 46988 kB
Unevictable: 0 kB
Mlocked: 0 kB
SwapTotal: 999864 kB
SwapFree: 999864 kB
Dirty: 0 kB
Writeback: 0 kB
AnonPages: 41780 kB
Mapped: 11292 kB
Slab: 14716 kB
SReclaimable: 3900 kB
SUnreclaim: 10816 kB
PageTables: 772 kB
NFS_Unstable: 0 kB
Bounce: 0 kB
WritebackTmp: 0 kB
CommitLimit: 1257064 kB
Committed_AS: 106248 kB
VmallocTotal: 712704 kB
VmallocUsed: 2660 kB
VmallocChunk: 708700 kB

TS3200とTS5200を比較してみる。

左TS3200、右TS5200

TS3200はコンソールモニター接続不可、TS5200はコンソールモニター接続可能。

TS3200 メモリの脱着不可。
1.33GHz デュアルコアプロセッサー Marvell ARMADA XP、DDR3メモリー 1GB

TS5200 メモリの脱着可能。
Intel Atomデュアルコアプロセッサー、DDR3メモリー 2GB、USB3.0

TS5400 分解してみる

DDR3メモリ2GB搭載のバッファローTS5400を分解してみる。

  • メモリを2Gから4Gに変更して、4TB×4でRAID10がいいのではないでしょうか。